肝がん医学最新情報をこちらでチェック!

肝癌と診断された場合の、
ステージごとの症状などについて詳しく説明します。

 

【肝癌の診断】
肝癌はどのように検査するのかというと、
「超音波検査」
「CT、MRI検査」
「腫瘍マーカー」
「血管造影検査」
「針生検」
などの、検査方法があります。

 

【肝癌、ステージ】
肝癌のステージでは、
癌の個数や、大きさ、広がりなどによって分けられます。

 

ステージT
癌が1個、癌の直径2センチ以下、血管浸潤していない癌

 

ステージU
上記のいずれか、二つに該当する

 

ステージV
上記のいずれか、1つに該当する
リンパ節に転移してしまっている

 

ステージW
いずれにも、該当しない
他の臓器、組織、リンパ節に転移してしまっている

 

このようにわけられています。

 

【肝癌の症状】
肝臓は、がまんしてしまう臓器で、
病気になってもなかなか痛みなどの症状をださない、
沈黙の臓器と言われています。
肝癌でも、初期だとまったく症状はでません。
ですが、肝癌の影響で
栄養代謝能力が悪くなり、乳酸がたまると、
疲れがなかなかとれなかったり、倦怠感などの
軽い症状がでてきます。

 

そして、急激に体重が減少したり
腹痛、おなかの張り、食欲不振、発熱、などの症状がでたりもします。
ですが、このような症状は
肝硬変、慢性肝炎がひどい場合などの場合でもみられます。
ですが、これらの肝臓の病気を見つけることで、
肝癌の原因をけすことができます。
このような症状が見られる場合は、
肝臓の専門の医療機関に受診してみるのも大切です。
また、みぞおちのあたりにしこりが
ある場合は、肝臓の左半分に癌がある可能性があります。
そして、肝臓の機能がものすごく低下し、
ダメージをうけていると、さまざまな症状が出てきます。
肝臓の病気で有名な、症状が黄疸です。

 

なかなか、症状がみられない肝臓です。
症状が見られ始めたときには、
病気が進んでいってしまっている場合がほとんどなんです。
このようになってしまうと、
手術などの治療が必要になってくるかもしれません。
その前に、定期的に健康診断などで
肝臓の健康を検査してもらい
早期発見することで、生活習慣を見直せば
なおる場合も多いのです。

関連ページ

肝がんって結局なんなの?
ここでは人間の臓器の一つである肝臓に着目し、疾患の種類、肝臓疾患を招く生活習慣、症状、治療方法などについて詳しく説明されています