肝臓がんの新知識記事一覧

【肝癌とは?】肝癌には、二種類の肝癌があります。原発性肝癌という肝臓から発症してしまう肝癌と、持続性肝癌というほかの臓器から癌が転移してしまった肝癌とに分けられます。そして、原発性肝癌は9割が肝細胞癌、1割が胆管細胞癌となっています。これらのことから、肝癌というと肝細胞癌といわれる場合が多いです。現在の日本では、肝癌による死亡者は年間約3万1000人といわれています。2000年ごろから、肝癌の年間...

肝癌と診断された場合の、ステージごとの症状などについて詳しく説明します。【肝癌の診断】肝癌はどのように検査するのかというと、「超音波検査」「CT、MRI検査」「腫瘍マーカー」「血管造影検査」「針生検」などの、検査方法があります。【肝癌、ステージ】肝癌のステージでは、癌の個数や、大きさ、広がりなどによって分けられます。ステージT癌が1個、癌の直径2センチ以下、血管浸潤していない癌ステージU上記のいず...