しっかり理解してから対策をしよう!【肝硬変】

 

【肝硬変の概要とは】
肝硬変とは、
慢性肝炎が長くなることによって、
肝臓が小さくなり、硬くなってしまうことをいいます。
そして、お酒の飲みすぎによって起こってしまう肝硬変が、
アルコール性肝硬変といいます。
そして、肝硬変は肝ガンの原因となってしまうこわい病気なのです。
また、肝臓が小さくなり、硬くなるだけではないのです。
肝臓の普通に機能している肝細胞の数が減ってしまい、
肝臓の機能が低下していくのです。

 

そして、肝硬変の予後はというと、
一昔前は、肝性脳症など消化管出血で亡くなってしまう方が多かったのですが、
現前はというと、肝ガンになってしまう方のほうが多くなってきており、
過半数をしめているそうです。
なぜ、このような結果に変わってきているのかというと、
現在の医療が進化したおかげで、消化官出血などが直せるようになったことや、
そのおかげで、肝硬変になってしまった方の余命が延びていることが分かります。

 

そして、五年後の生存率はというと、
先ほど説明したように、
肝硬変になった場合に死亡してしまう原因で一番多いのが、
肝硬変が原因で、肝ガンになってしまうことなんです。
そして、肝ガンは再発性が高いガンなのです。
肝ガンになってしまうと、一番最初の段階で
5年生存率が5割りになってしまうのです。
ですが、肝硬変でも肝ガンになっていなければ、
5年生存率は8割になります。
そして、肝硬変の種類の中の非代償性肝硬変になってしまうと、
5年生存率が4割となってしまうのです。
しかし、肝ガンになってしまった方でも、
何年もそのまま普通の生活を送れている方もいます。
あくまでも、指標です。

 

【肝硬変の症状】
肝硬変の症状は、初期の段階では
あまり、症状がみられません。
ですが、肝硬変は症状が悪化するにあたってあらゆる症状がでてきます。
どのような症状がでてくるかというと、
「体のむくみ、尿の濃い色、疲れ、食欲がなくなる、腹水、黄疸、
女性化乳房」
これらのような症状が特徴です。
もし、これらのような症状が気になる方は、
早めに医療機関を受診していただくことが大切です。

関連ページ

肝硬変【知っている人は意外に少ない?原因について】
ここでは人間の臓器の一つである肝臓に着目し、疾患の種類、肝臓疾患を招く生活習慣、症状、治療方法などについて詳しく説明されています