アルコールを飲まなくても起きうる脂肪肝の原因

 

非アルコール性脂肪肝とは、
アルコールをまったく飲まない方でも、脂肪肝になってしまうことです。
アルコール以外の何かが原因で非アルコール性脂肪肝になってしまいます。
今回は、その原因について詳しく説明していきます。

 

【非アルコール性脂肪肝の原因】
非アルコール性脂肪肝の原因とは、
カロリーオーバーな食生活だったのです。
肝臓は、ある程度の脂肪なら
体のエネルギー源に変えて、全身におくりだしてくれます。
ですが、カロリーのとりすぎで内臓脂肪がだんだん蓄えられていくと、
大量の脂肪が肝臓で処理されることになり、
時に脂肪があまってしまいます。
すると、余った脂肪が肝臓に蓄えられてしまい、
脂肪肝になってしまうのです。
ですが、肝臓はしっかりと脂肪を燃やしていこうとがんばります。
すると、不完全燃焼から有害活性酸素が発生してしまいます。
有害な活性酸素は、肝臓の細胞をきずつけてしまい、炎症を起こしてしまいます。
このような、慢性肝炎になってしまった状態の肝臓を、
非アルコール性脂肪肝というのです。

 

また、急激なダイエットなどをした方も、注意が必要です。
痩せているからといって安心できる病気ではありません。

 

そして、非アルコール性脂肪肝は
お酒をまったく飲まない人
または、1日1合以下しか飲まない人が脂肪肝になってしまった場合を指します。

 

【非アルコール性脂肪肝の危険】
非アルコール性脂肪肝になってしまう原因は、お酒の飲みすぎではなく、
カロリーのとりすぎや、食べすぎによる原因です。
実は、日本人は飲みすぎによる脂肪肝より、食生活から来る脂肪肝のほうが
多くなっているのです。
そして、非アルコール性脂肪肝のほうが、
お酒が原因で脂肪肝になってしまうより、危険なのです。
そして、脂肪肝は
単純性脂肪肝という症状が軽いタイプと
非アルコール性脂肪肝の重症なタイプがあるからなんです。
この、非アルコール性脂肪肝をそのままにしてしまうと、
肝硬変や、肝がんになってしまう危険性が高いんです。
このように、重症化してしまわないために
食生活を一度みなおしてみたり、定期的なけんさをすることが大切です。